今年の冬はノロウイルスが猛威をふるいましたね。
そんな中、最近よく耳にするのが「殺菌力が高くノロウイルスに効果があって、しかも人畜無害」という触れ込みの「次亜塩素酸水」ですが、実際どういったものなんでしょうか?

アルコール殺菌はノロウイルスに効果なし?

まったくというわけではない様ですが、アルコール殺菌がノロウイルスに効きにくいのは本当のようです。
純度の高いアルコールは有害で、臭いも強烈です。

次亜塩素酸ナトリウムとは違う!

消毒が必要な施設では次亜塩素酸ナトリウム水溶液(名前がまぎらわしい)を使うのが定番らしいです。
でもこれは高い殺菌力を得るには高濃度で使用しなければならず、その結果非常に有害になるため、使用後にすすいだり中和したりと使い勝手が悪いのが問題のようです。

なんかスゴイ!なにがスゴイ?次亜塩素酸水

で、次亜塩素酸水ですが、ノロウイルスだけでなく、ほとんどの病原菌、インフルエンザウイルスにも効果があり、それでいて飲んでも無害で臭いもないそうです。(「本当か?」と言いたくなりますが、お役所も認めている事なので本当なのでしょう)

次亜塩素酸水にも種類がある

次亜塩素酸水にも何種類かあって、中でも微酸性次亜塩素酸水が殺菌力が高く、お肌にも優しい(これも大切ですよね)という事なので、選ぶなら微酸性次亜塩素酸水がベストでしょう。

という訳で、何かと話題の次亜塩素酸水について書いてみました。
家庭で試しに使うならスプレータイプのものもありますし、日々消毒が必要な施設なら(コストが見合うなら)生成装置を導入するのもアリかと思います。ただし、生成装置には粗悪な物も多いと聞いていますので、実績のあるメーカーの物を選んだほうが安心でしょう。
手前味噌ですが、当社で扱っている生成装置は実績のある物の中ではコストパフォーマンスが高い方だと自負していますので、興味のある方は一度お問い合わせいただけたらと思います。
次亜塩素酸水生成装置エルビーノ紹介ページ